<< メキシコからのお客さんが集合 | main | ビジネスで一番大切なものは? >>
2017.08.28 Monday

塾を開いて1番遣り甲斐の実感した時は

0

    【塾を開いて1番遣り甲斐の実感した時は、、、、!】

    経営塾「コスモ経営塾、信州塾」を開塾して早7〜8年にもなる、時間が経つのは本当に早いものだとつくづくと思う。先日「26〜27日」東京でコスモ経営塾が開塾された。

    経営塾の門を叩く塾生の動機は、会社を創業して毎年利益が出ないで債務超過になり、その結果として資金繰りが苦しく、どうしたら良いのか分からずに入塾する塾生が大半だ、、、、、、、!

     

    何年か勉強して会社が利益を出せるようになり、また、資金繰りが安定して来た報告を聞く時が塾を開塾した醍醐味が感じられる瞬間だ、、、、、、、!

     

    今回の塾でO社長の報告として、O社が今回、国「都かも?」に助成金の申請をした。助成金を受けるには国の審査がある。その為に国から専門のコンサルタントが派遣されて、全社員から聞き取り調査が行われた。調査の内容は「会社の目的、将来の姿、会社の目標、凄いのはO社の攻めるべき市場は」等を聞いてきた。それに対して社員は全てに正確に答えたとの事、帰る時にコンサルタントからO社長に「今まで数100社聞き取り調査したが、全社員がこれ程の答えをしたのは初めて」との事、、、、、、、、!

     

    O社は毎朝の環境整備「掃除、経営理念の唱和、経営計画書の読み上げ」等を繰り返し繰り返した事結果だと言っていた、塾を開設して会社の利益が上がる事は嬉しいけれども、それ以上に嬉しい事は、働いている社員の成長した姿を実感した時だ、、、、、!

     

    閉塾後にバーベキューが中庭で始まる、後からイタリア人のHさん、メキシコ人のRちゃんが合流した。そこには、英語、スペイン語、日本語、訳の分からない英語と訳に分からない日本語が飛び交うが話は弾む、HさんとRちゃんはお酒が一滴も飲めないけれども、12時頃まで宴会は盛り上がっていた、、、、、、、!

    コスモ経営塾、塾長、市川秀人

    コメント
    コメントする








     
    HOME
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Search this site.
    Others