<< 行き当たりばったりの旅、30数年来の友人に会う | main | 海外の人との不思議な縁 >>
2017.06.08 Thursday

行き当たりばったりの旅の原点

0

    【行き当たりばったりの旅の原点】

    517日東京をスタートして名古屋、大阪港からフェリーで九州別府、竹田津からフェリーで山口県徳山、広島、石見銀山、松江、鳥取、天橋立、富山、岐阜、そして、松本を通り東京に戻る「約15〜16県」を通過して車の移動距離2000km「別でフェリーは500〜700km!」を走破した、、、、、、、!

     

    行き当たりばったりの旅の原点は僕が35歳で会社を創業した時に、これからは自由な時間が取れに無いと思い、従兄「現在アメリカボストンで窯変天目作家として活躍している」の宮村秀明と世界一周の旅出た事がスタートだ、、、、、、、、、!

     

    日本からアメリカ、メキシコ、イギリス、フランス、スペイン、スペインのトレドは旅の中間点なので、日本の家族の声を聴きたくなりトレド城塞都市の電話局を探して電話をした、スペイン語が分らないので6か国語の辞書で指を指しながら説明をしたら30分後には日本に通じて「女房、息子、娘」と話せた事は今でも忘れない程感激をした思い出がある、、、、、、、!

     

    スペインからイタリアそして1番の思い出が残る地中海フェリーでギリシャに入る、ギリシャからドバイ、インド、タイ経由で日本に着いた時は疲労困憊で2448時間は眠って居た様だった、、、、、、、!

     

    会社創業時、北は北海道の釧路から南は九州鹿児島まで車で飛び込みの営業をスタートした、当時、携帯電話は無くて、全て会社の連絡は公衆電話だったが、

    テレホンカードは無くて、100円玉で掛けられる電話機も無かったので、出張に出る時は、必ず10円玉数100個を持って出たものだ、、、、、、、、、、、!

     

    会社を引退してから四国、九州、北海道、関西、紀伊半島、東北日本海側を回ったので来年は東北太平洋側を回ろうと思う、、、、、、、!

     

    何時まで続けられるか分からないけれど元気の内は続けて行こうと思う、、、、、、、!

    コスモ経営塾、塾長、市川秀人


    コメント
    コメントする








     
    HOME
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Search this site.
    Others